デカップリング・デバイス(KHLCシリーズ)について...
電磁波の周波数成分で云えば、マイクロ波の帯域に入っているコンピュータのクロック信号に代表されるように、デジタル機器の発生させる電磁波ノイズは、ますます高周波化、広帯域化を突き進んでいます。...
パスコン と パワフィルタ(KHLCシリーズ)の違いについて...
パスコンの機能には、(1)高速ロジック回路での急激な電源電流の供給機能 と (2)EMIノイズの削減効果の二つがあるといわれていますが、「パワーフィルタ」の効果は、(2)のEMIノイズ の 削減効果だけですか...
KRFMについて...
KRFMは、 高周波(マイクロ波)専門技術者が設立した会社で、情報通信機器をはじめとする電子装置に用いる、高周波受動部品・ハイブリットIC等を、独自のアイディア・設計思想で提供しています。 大手企業では対応しきれない多様なユーザーニーズに応えます...
パワフィルタ(KHLCシリーズ)の使用方法      
電磁波ノイズは+、−どちらの電源線路からも(コモンモードの)侵入をしてきますが、市販のコモンモード・チョークでは数100MHz以上の高調波は止められません。 そこで、基板の電源入口には、パワフィルタを+、−両方の電源に挿入します...
LSIの電源電流がEMIの元凶
GNDにシャントさせて使うパスコンの弱点は、GNDのインピーダンスによって、ノイズをバイパスさせる能力が極端に悪化することです。 しかも直列のインダクタンス(ESL)を持っていますので、高周波でのバイパス機能は無理と考えるべきですし、並列に多量に使うと、必ず発振を起こします...
電源ラインを完璧にアイソレーション
GNDにインダクタを挿入するとGNDが浮いてしまい、グランドバウンスの原因となる。このような考えが適用される低周波数帯域でのパワフィルタは、インダクタではありません。 しかし、GHz帯域の電磁波には確実に反応して阻止します...
KRFMについて...(PDFファイル 182KB)
ケイアールエフエム株式会社は、高周波(マイクロ波)専門技術者が設立した会社で、高周波受動部品・ハイブリッドIC 等を、独自のアイディア・設計思想で提供しています。大企業では対応できない多様なユーザーニーズに対して、トータルサポートします...
最良のEMC/EMI対策を実現する新考案 " 直流電源回路用受動素子部品 " (PDFファイル 56KB)
電子機器装置(製造)企業で、今まで行われてきたEMI/EMC対策は、まずPCB基板を設計して部品を実装した後に、実際にアンテナを付けて測ってみる。 そして EMIが規格以上に出ていることがわかった時点で、この出ている不要な電波〔輻射ノイズ〕を取りさる対策(手段)として、既存のEMI/EMC対策受動素子部品を用い、規格以下になるように試行錯誤(カットアンドトライ)射(電波ノイズ)を止める。
KRFM パワフィルタを使うと EMI/EMC対策は、簡単 (PDFファイル 293KB)
●あなたは、実装された回路基板のEMI測定結果に満足していますか?
●あなたは、Inductorや Capacitorを使って対策しようとしていませんか?
●あなたは、電気回路の理論(理屈)で電磁気を止めようとしていませんか?
●あなたは、対策部品の選定や回路設計に手間をかけすぎていませんか?
電源回路の高調波ノイズ対策パワフィルタ (KHLCシリーズ)   (PDFファイル 115KB)
単体の動作では問題のないメモリやロジック回路が、ボード上に組み込まれ、多段のロジック回路に構成されるとEMI/EMC問題が発生します。
これはLSIやIC等が複数個組み合わされたロジック回路の中で、それぞれの半導体が作り出す高調波が、バイアス電源側に漏れ出したり、逆に他の半導体が発生させた高調波が電源から入ってくることによって、複合高調波として電源に分布することが原因です。
パワフィルタ(KHLCシリーズ)を電源ライン(BIAS回路)に入れることにより、LSIやIC等への高調波ノイズの進入と漏洩を阻止することで、誰でも簡単にEMI/EMC問題が解決できます。
RF信号を広い周波数帯域に渡りカット コイルフィルタ/パワフィルタ    (PDFファイル 41KB)
電子機器のバイアス(電源供給)回路等に用い、GHzを超える広い周波数帯域に渡り高調波をカットする超小型の帯域阻止フィルタです。
表面実装用巻き線タイプのコイルフィルタと、コイルフィルタを組み合わせたシングルインラインタイプ,SMDタイプのパワフィルタがあります。


   
Copyright © 1998-2005 K,RF & MICROWAVE Corporation. All rights reserved.