電源回路の高調波ノイズと不要輻射
 単体の動作では問題のないメモリやロジックのICが回路基板(PWB)上に組み込まれて、ロジックのシステム回路に構成されると、EMI/EMC問題が発生します。 これはLSIやICなどが複数個組み合わされた複雑な電子回路の中で、それぞれの半導体が作り出す高調波ノイズが、バイアス電源に漏れ出したり、また逆に他の半導体で発生した高調波ノイズが電源から入ってくることによって、複合の高調波が発生し、電源に分布するためです。そして、これが不要輻射の主要な原因であると言えます。 
 パワフィルタ
(KHLCシリーズ)を電源ライン(BIAS回路)に入れるとLSIやICなどへの高調波ノイズの進入と漏洩が、電源回路で確実に止まります。この効果によって、誰でも簡単にEMI/EMC問題を解決することができます。
不要な電波を止めるための抜本対策
 いままでのEMI/EMC対策は、基板から発生する不要輻射(電磁波ノイズ)を切り取るために、既存の対策部品を追加実装するという方法が一般的に取られてきました。 しかし、デジタル機器の高速化・高機能化が急速に進むにつれて、この従来の方法では対応しきれない。と云われるようになってきましたが、これらの対策部品メーカー側は、部品の形状を小さくするといった、パラシティックを抑える方向のみの開発ばかりで、抜本的な対策がとられないで現在に至っています。
パワフィルタは、アクティブな回路の、電源の各々に最低1個づつ入れることによって、不要な電波の進入・漏洩を完全に阻止してEMI/EMC問題を根本的に解決する全く新しいコンセプトの電源フィルタです。
直流電源には高調波が重畳しやすい
 LSIやICなどは全て直流(DC)電源で動作しています。直流電源は交流電源と異なり一定に保たれた(変動しない)電位であるため、半導体自体が作り出す交流ノイズ(高調波)が、簡単にこの直流(DC)電源に重畳してしまいます。
 デジタル電子機器のクロック周波数が、低い周波数の時代には問題になりませんでしたが、高速伝送が実用化され、デジタル回路のクロック周波数がどんどん高くなるに従って、高調波帯域も急激に広がり、パスコン系を用いる従来の方法では対応できなくなって、EMI/EMC問題が顕在化してきたのです。
見過ごされてきた直流電源ノイズ
 デジタルクロック信号に含まれる高調波成分(分布)を、オシロスコープ(時間ドメイン)を用いて観測しても、信号や電源に重畳されている高調波信号成分を観ることはできません。「アイパターン」の目が開くということは、高次調波が増大したと考えてください。
 デジタル技術分野の開発では、スペクトラムアナライザ(周波数ドメイン)などの測定機器が使われないために、高調波の重畳を実測して解析されることは希で、もともと理解されにくい状況にあります。

そのうえ、直流電源に重畳される高調波に対する根本的な考え方が、これらの対策技術者達に広まり理解される前に企業のEMC対策が優先されたために、次々と対処しなければならない高速化対応製品の開発に、EMC対策が追いつかなくなったのだとも云われています。
最大の原因は直流電源の高調波
 デジタルクロック信号(矩形波や方形波)が、正しく、高速に伝送(伝搬)されるためには、その基本周波数(f0)からのスプリアス、すなわち電波の広がりは、基本波の7次から 11次..という広い帯域まで広がって、信号線路を伝搬しなければなりません。
 デジタルクロック信号が高速化すればするほど、この高調波の帯域は急激に広がります。しかし、これらの高調波は、信号線路以外の電子回路には不要かつ有害なものです。 なぜなら、このような高調波を電源ラインに垂れ流すと、他の半導体にも影響を与えEMI/EMC問題の原因となるからです。
133MHzの時は、1GHz以下のスプリアス対策でよかったのに、533MHzになるとマイクロ波帯域までの高次調波対策が必要になります。
CISPR22
 デジタル機器の高速化が進む中、PWB上のスイッチング電源から発生するスイッチングノイズもデジタル信号に深刻な影響を与えています。一方スイッチング電源そのものも、自らの発生するノイズにより制御系が誤動作するなどの問題を抱えています。
 今まで、電流容量が大きくて、なおかつマイクロ波の高周波領域まで対応できる電源フィルタはありませんでした。 KRFMのパワフィルタは、大電流にも対応でき、広帯域にわたってスイッチングノイズを効果的に阻止します。 パワフィルタは、クリーンな電源環境を提供します。


先頭ページ

Copright © 2006-2007  K,RF & MICROWAVE Corporation. All rights reserved.
To Top Page
応用技術
EMC解法
回答一覧
記事論文
技術情報
PLCUT
電磁誘導
高調波問題