だからできる
パワフル「パワフィルタ
」のアナログRF技術

CISPR22の電磁波対策に朗報。

  半導体デバイスの高速化により、集積回路に電源供給する基板の
電流変化量は増加を続け、CMOS スイッチング 動作時 に発生する
電源ノイズ(SSN)が日毎に顕在化してきた。


 1. 電源線路等価回路 と ノイズ  
     基板の寄生インダクタンスを洗い出し、バイパス・キャパシタで低インピーダンス化。
 2. 電源バウンスとグランド・バウンス
     速度が遅く、電流変化も少ない時は問題はないが、高速になるほど影響をあたえる。
 3. 電磁波ノイズ
     電磁波ノイズにとって、低インピーダンス線路は、絶好の伝搬線路である。    
 4. CISPR22、32対策
     部品メーカーが販売するチップ部品で対策するのは難しいといわれている。  
 5. ESR調整キャパシタ
     マイクロ波帯域まで低インピーダンス化を実現できるキャパシタはない。   
 6. 相反するPI と EMC
     「コイフィル」「パワフィルタ」を使えばPIとEMCの問題は解決する。
 7. 相互変調
     電源線路で相互変調を繰り返して、沢山の新しい電磁波ノイズを生成する。
 8. RFブロック      
     低域では低抵抗の導体にしか見えない「コイフィル」を通して電源供給する。




















                                                   

                         
Copright © 2007-2009   K,RF & MICROWAVE Corporation.   All rights reserved.