安定した発信器のための電源デカップリングは、高品質なクロック信号を実現します。

データ品質に影響するジッタの低減にはパワフィルタ   (KHLC-06d)が効果的です。
 チップセットの電源ラインはRF信号とIF信号両方のガードが必要です。

 電源に重畳するノイズは誤動作だけでなく、PLL回路の周波数安定性にも影響します。

 広帯域にフィルタリングできるパワフィルタ   (KHLC-06d)が効果的です。

 DC−DCコンバータは数MHz以上の高周波成分をフィルタリングする機能を持ちません。

 LANカードの信号をPCに持ち込まないために、またPCのクロックノイズをLANカードに入り込ませないためには、広帯域にフィルタリングできるパワフィルタ    (KHLC-06d)が適しています。

 IEEE 802.11, 802.15 デュアルバンド機器にも適用可能です。
 
 バイアス回路の性能は輻射ノイズの増加だけでなく、送信出力の低下や信号品質の低下(ビットエラーの増加)を招きます。

5GHzの信号を20dBという高アイソレーションでカットできるコイフィル  KF1-09-5は、完璧なバイアス回路を提供します。
 
 従来まで用いられてきた高周波フィルタ、空芯インダクタ、チップフェライトビーズといった部品では、チップ間、回路ブロック間などの高周波成分による相互干渉を抑えること (電源をデカップリングする)が、充分にできませんでした。

 ケイアールエフエム株式会社の電源デカップリングデバイスは、電源ライン経由での高周波成分による相互干渉を防ぎ、安定した機器動作と高品質なデータ通信を実現します。
 煩わしい配線が無く、 簡単にネットワークが構築でき、携帯端末などの画面にブロードバンドで配信される様々な情報が映し出される。 無線LANは、今までにない自由なネットワーク環境を与えてくれます。

 IEEE 802.11a, b, g, n などに代表される 5GHz帯無線LANは、Bluetoothなどの他の通信機器との干渉もなく、高速で安定した通信が可能です。

 また、 IEEE 802.15 近距離無線通信(PAN)では、UWBなどの高速データ通信仕様グループ(IEEE802.15.3)と、ZigBeeなどの 1Mビット程度の低速通信のグループ(IEEE 802.15.4)が実用化されています。


Copyright © 2003-2009 K,RF & MICROWAVE Corporation. All rights reserved.
To Top Page

電源デカップリングデバイス
5GHz帯/Sバンド帯 無線LAN