開発事例 2.3GHz帯
PINダイオード共振型
T/Rスイッチ

SSOP-8パッケージ
SWITCH MODULE

特長
  • RF信号が半導体を通らないので歪まない
  • SSOP-8パッケージで-40dB(2.3GHz時)のアイソレーションを実現
  • バイアス電源が不要
  • 単一コントロール入力(正電圧)
概要
RF信号が半導体を通らない独自の回路構成を採用。大電力の信号に対しても歪みがなく、静電気破壊も起こりません。
バイアス電源や2系統のコントロール入力を必要とせず、1系統のコントロール入力(正電圧)のみで送受信の切り替えが出来るため、 CMOS回路で容易にコントロール可能です。
電気的特性
コントロール電圧 Vc=0 or +3.0V, 周波数 fT=2.3GHz 時
項目 単位 最小値 代表値 最大値
送信側
Tx -> ANT
挿入損失 dB   0.7 1.0
アイソレーション dB 34 40  
受信側
ANT -> Rx
挿入損失 dB   1.3 1.6
アイソレーション dB 23 30  
切り替え制御
Vc Tx -> ANT ANT -> Rx
0 挿入損失 アイソレーション
+3.0 アイソレーション 挿入損失
さらに詳細な特性グラフなどの情報は、PDFカタログ( 118 KB )をご覧ください。


Go Index Page

Copyright © 2003 K,RF & MICROWAVE Corporation. All rights reserved.