KF1シリーズ
JIS 1608 サイズ・コイルフィルタ
KF1-09-5
COILFIL


<概    要>
コイフィル(RadioFrequency Coil Filter)は、無線電子機器のバイアス(電源供給)回路等に用いて、広帯域に漏れて欲しくない高周波信号を広帯域に阻止する巻線(コイル)型のフィルタです。 表面実装(SMD)部品として、世界で最初に開発された超小型巻線コイルの「帯域阻止フィルタ」です。

コイフィルは、メッキされた両端の端子を実装するシンプル構造で、KF1-09-5は1608サイズのSMT部品半田ランド(パターン)に実装可能です。

コイフィルは、樹脂封入されていないため寄生成分が非常に少なく、数10MHzからマイクロ波の領域まで、高周波信号を広帯域に高アイソレーションで阻止します。

特にKF1シリーズとKF2シリーズを組み合わせて使用する(KHLCシリーズ)は30dBを超える高アイソレーションを、他社に類を見ない5,200MHz以上に渡り提供します。



<電気的特性>
    交流特性(Ta = 25℃)
減衰帯域幅 (Bw) 15dB Isolation
20dB Isolation
6,500 MHz (MIN)
3,000 MHz (MIN)
アイソレーション (Iso) at 4.5 GHz 25 dB (TYP)
    直流特性(Ta = 25℃)
抵抗値 (R) 最大 40 mΩ
飽和電流 (Is) 最小 2,300 mA
さらに詳細な特性グラフなどの情報は、KF1-09-5のPDFカタログ ( 26 KB )をご覧ください。
<関連製品>


Go Index Page

Copyright © 2003-2009 K,RF & MICROWAVE Corporation. All rights reserved.