パワフィルタの使い方

電子回路基板電源(PCB,PWB)の
電磁波漏洩対策


広帯域にわたって高周波(電磁波)を止めるためには、今まであなたが常識としてお持ちの「ノイズ対策に関する考え方」を、変えて頂くこと(覚悟)が必要です。

そのためにまず、回路基板に搭載されています総てのIC(半導体)の、総ての直流電源端子にパワフィルタを入れてみて、その違いの確認をして頂きたいのです。入れた回路基板と、入れない回路基板で何が違うか、回路基板の環境条件を変えて、比較して頂きたいのです。


今までのあなたの対策は、きっと「ここが原因だろうから、ここに入れればいい」とか、「コンデンサで止まるはす、、」等々といったノイズ対策ではありませんか。対策部品を入れたら「新たなEMC問題」を引き起こしてしまったと云う経過はありませんか。

あなたの作った電子回路は、3年後の電磁気環境にも耐えられますか。

このような車載機器の事例があります。

自動車に組み込まれた後の電磁環境(回路基板条件)の変化が原因で、新たなノイズ(電磁波)を発生してしまい、「車に組み込むと、変な動きをする。」回路基板ができてしまいました。 このような時に「自動車に組み込んだから悪い。」とは、言えない。ではどうしましょう?



我々スタッフは、20年以上前から、このようなDECOUPLING対策の経験(失敗経験)を積んで参りました。この経験は、きっと皆様のお役に立てることと思います。


電磁波ノイズ対策

回路基板設計

ハイブリッドICをはじめとする部品(材料)開発


あなたがイチから開発するよりも、我々は遙かに早く製作します。










You name it, We make it!
KRFM
is Original Equipment Manufacturer (OEM). Even if you decide not to go for mass production, we must ask initial cost. If you agree with this, we would like to hear specifications, characteristics, target price, mass production quantity, and so on in detail.

Copyright © 2004 K, RF & MICROWAVE Corporation. All rights reserved.